【物語】

「世界を転回する鍵を持て」

 人間は自分の世界に良くも悪くも囚われてしまう性質があります。特に悲しいとき、寂しいときは自分の世界に囚われたまま、脱げ出せなくなってしまうこともあります。また、そうした自分の認識する世界が少しのきっかけから大きく転換することにも気づいていません。

 この物語は主要登場人物たちが持つ「剣」が時として鍵となり、自らの世界も、視認している世界全体をも転回していきます。認識する世界が転回することで救われていく物語です。

 まだまだ制作途中ですが、お楽しみに。

 

※文章の無断転載・改変はお控えください。