降谷 灯/(Akashi Furuya)

 遡ることX年前、大学卒業と同時期に小説(原作)執筆に興味を持った地方在住の社会人です。

 小説とは全く無縁の人生を歩んできたにも拘わらず、学生時代、映像作品に魅了されたことをきっかけに原作者の道を模索するようになりました。

 このブログは作品執筆の難解さに頭を抱えながらも、些細な日課と作品に励み続けるための「淵」です。「淵」とは、水深が深く、流れが緩やかな川の底を指した言葉。

 作品から離れ、現を抜かすこともしばしばありますが、基本的には一縷の克己心に支えられ、自己や作品、人間の本質を探究する無限回廊を彷徨っています。時に自分自身を見失い、見苦しさを垣間見せることもあるかもしれません。そういうときは「成長の途中なのだろう」と温かく見守っていただけると幸いです。

 

【ジャンル】現代ファンタジー

【ブログ】2017年5月~

【出版社投稿歴】(2017年以前)短編2作、長編3作

【執筆中の作品】「1(仮)」

 

PixSt

 PixSt (ピクスト)とは、主として「朗読小説+イラスト」をもとにした動画作品の構想です。

 名称は「Picture Story Show」に由来。

 この「PixSt」は紙芝居やサウンドノベルを想像していただけるとわかりやすいかもしれません。場面に応じたイラストが画面一杯に表示され、朗読によって物語は進行します。登場人物の動作や物音にも効果音を付け、時に盛大な音楽によって彩ることもできます。

 もともと小説を動画にできないか?というところから発想したもので、音声で聴く小説が普及し始めた昨今、こうした朗読小説にイラストを加えれば動画コンテンツとして十分に成立するのではないかと模索しています。

 また単純なつくりなので、小説やイラストに限らず、朗読、作曲、編集など技術の融合自体は容易なものとなっています。